1. お客様サポート
  2. スフィアライトフォーラム
  3. Yzf-r6 09 のRISING取付加工について

Yzf-r6 09 のRISING取付加工について

車種適合表を見ると防水樹脂カバーの加工or汎用ゴムカバー使用とあるのですが、具体的にはどういった加工が必要なのでしょうか?

ワタベさん2016年01月26日
こちらの車輌への取付に際して必要な加工に関しては以下のものになります。
弊社LEDの特徴としてコントローラー及び配線が伸びています。
その配線などがライトユニット内に十分に収まりきらない場合がございます。
その場合、ヒートシンクや配線を逃がす為に穴あけ加工が必要になってきます。
隙間はシーリングなどで防水加工をしていただく事で加工完了となります。

もう1つの方法としては弊社オリジナルの汎用ゴムカバーを使用していただく方法です。
この製品はRIZING H7に照準で入っている部品ですので、そちらを使用していただく形になります。
最初からヒートシンクを外に露出させる為の穴が開いており、ほとんど無加工で取り付けられる様になります。
ゴムカバーに空いている穴のサイズはRIZINGに合わせて開けられているので、防水加工は必要としません。

後者の方が比較的簡単に取付ができますので、弊社としてはゴムカバーの使用を推奨します。
2016年01月26日


TOP